テスト

これだけ知ってれば(たぶん)大丈夫なWikiの記述法

#shadowheader(1,Wikiの記述法マニュアル)

基本的なコマンド

見出し

*見出し文1
**見出し文2
***見出し文3
  • ページの大見出しや文節の区切りとしてよく使われます
  • 後述する#contentsで、ページ内に見出し一覧を表示することができます
  • *、**、***の三段階まで設定可能です

リスト

-文章1
--文章2
---文章3
  • 文章を書く際、基本的にこれが使われています
  • ‌-、--、---の三段階まで設定可能です

番号リスト

+文章1
++文章2
+++文章3
  • いわゆるHTMLでのリスト形式と同じです
  • 上記のリストと違い、頭に自動で番号が付きます
  • +、++、+++の三段階まで設定可能です

引用文

>文章1
>>文章2
>>>文章3
  • これを付けることで段落落としが出来ますが、見出しやリスト、
    後述するAA表記と組み合わせて表示位置を右に調整するのに使うと便利です
  • >、>>、>>>の三段階まで設定可能です

定義語

:単語1|説明文1
::単語2|説明文2
:::単語3|説明文3
  • 引用の>と>>を同時に使ったような表記になります
  • 引用との違いは、:の後に表記した単語が太字になる点です
  • :、::、:::の三段階まで設定可能です

表組み

|文章1|文章2|文章3|
,文章1,文章2,文章3
  • 表形式をする場合の記述です
  • 両方とも表示結果は同様となります
  • 行を増やす場合は改行して同様に記述します
    • その場合、行間は開けないで必ずくっつけてください
  • なお、表内の文字を装飾したい場合は、文章の前に以下のコマンドを付けることで可能です
LEFT:
CENTER:
RIGHT:
BGCOLOR(色):
COLOR(色):
SIZE(サイズ):
  • 上から、左寄せ、センタリング、右寄せ。背景色、文字色、文字サイズです
  • いくつか組み合わせたい場合は、「LEFT‌:BGCOLOR(色)‌:SIZE(サイズ)‌:」のように
    そのまま記述を重ねていきます
  • 色はカラーネームと16進数のどちらも使用することができます
    • 例:赤の場合、redと#ff0000のどちらかで指定
  • 文字サイズは任意の半角数字で指定します

改行

#br
&br;
~
  • 一番上は行間を空ける場合、下側の二つは文章の最後につけて改行する場合に使用します

コメント

//文章
  • 表示させたくない、またはする必要がない場合に使用します
  • この表記をした文章はソースを表示しなければ見ることができません

段落

~文章
  • 通常は行頭の~は必要なく、文字を書くだけで段落と見なされます
  • ただし、*、-、+、>、:、|、#、//などの、Wikiの記述上特殊な意味を持つため、
    通常では行頭に表記できない文字を行頭にしたい場合、「~*文章」のように
    記述することでそれが可能となります

注釈

文章((注釈文))
  • 文章に注釈を使いたい場合に使用します
  • 同じページに複数の注釈があった場合、番号は上から自動で割り振られます

ルビ

&ruby(ぶんしょう){文章};
  • 任意の文章に任意のふりがなを付けることができます

水平線

----
#hr
  • 横にまっすぐ太目のラインを引くことができます
  • 「----」と「#hr」の違いは、見出しやリストなどの要素に影響を受けるか受けないかです
    「----」は影響を受けません。常にブラウザの横幅一杯の線が引かれます
    「#hr」は影響を受けます。*や-があった場合、その最大横幅の60%の長さの線が
    センタリングされて引かれます
    また、見出しやリストが無かったとしても、ブラウザの横幅の60%の長さの線となります

リンク

[[ページ名]]
[[任意の名前>ページ名]]
[[任意の名前:ページ名]]
  • 任意のページへリンクを張ります
  • 通常は上の形でかまいませんが、実際のページ名と違う名前でリンクを張りたい場合は
    下側のように記述します
    • >でも:でも表記結果は同様です
  • ちなみに今あるページ名にリンクさせる場合、[[ ]]を書かなくても自動でリンクが張られます

アンカー(ページ内リンク)

&aname(アンカー名);
  • ページ内リンクを使用したい場合、リンクさせる場所に記述します
  • リンク元には「[[任意の名前>ページ名#アンカー名]]」と記述します
  • アンカー名に使えるのはすべて半角の、アルファベット・数字・ハイフン・アンダーバーのみです

AA表記

#aa{{
ここにAA(通常)
}}

#pre(soft){{
ここにAA(ユニコード有り)
}}
  • AAを表示させる時に使います
  • AA中に{や}が使われている場合に表示が上手く行かないことがありますが、
    その分、前後の「{」と「}」の数を増やせば表示できます
  • これは特殊プラグインのため、Stwiki以外のWikiでは導入されていない可能性があります

文字装飾

文字サイズ

&size(サイズ){文章};
  • サイズは任意の半角数字で指定します
  • 指定した数字はピクセル単位(px)となります

文字色

&color(文字色,背景色){文章};
&color(文字色){文章};
  • 色はカラーネームと16進数のどちらも使用することができます
    • 例:赤の場合、redと#ff0000のどちらかで指定
  • 背景色は指定しなくてもかまいません。その場合は下側の記述となります

強調

''文章''
  • 文章を太字で表記します

斜体

'''文章'''
  • 文章を斜体で表記します
  • ちなみに太字かつ斜体にしたい場合は前後のアポストロフィの数をそれぞれ五つにします

取り消し線

%%文章%%
  • 文章に取り消し線を引きます

文字位置

LEFT:文章
CENTER:文章
RIGHT:文章
  • 上から左寄せ、センタリング、右寄せです

便利なコマンド

見出し一覧

#contents
  • このコマンドを記述した場所に、*で表記した見出しの一覧を表示します

見出し一覧に出ない見出し

#shadowheader(1,見出し1)
#shadowheader(2,見出し2)
#shadowheader(3,見出し3)
  • #contentsでは表示したくない見出しがある場合使用します
  • パラメータの1、2、3がそれぞれ*、**、***に相当します
  • これは特殊プラグインのため、Stwiki以外のWikiでは導入されていない可能性があります

区分け、領域分け

#block
文章1
#block(next)
文章2
#block(next)
文章3
#block(next)
文章4
#block(end)
  • ページ内を列で分割表記したい場合に使用します
  • 列の数は任意でいくらでも増やすことが可能です
  • #blockと#blockの間には他のコマンドを自由に表記できます
  • これは特殊プラグインのため、Stwiki以外のWikiでは導入されていない可能性があります

画像

#ref(添付ファイル名、もしくは画像URL)
&ref(添付ファイル名、もしくは画像URL);
  • 画像を貼る時に記述します
  • どちらも表示結果は同様です
  • 基本はこれだけですが、ファイル名の後ろに半角コンマでコマンドを続けることで
    表示位置、テキストや他画像の回り込み許可、元ファイルへの非リンク、表示サイズの指定、
    タイトルの表示、等が可能です
#ref(添付ファイル名、もしくは画像URL,around,nolink,横サイズx縦サイズ,,タイトルや作者名)
  • このWikiで使用されているパラメーターはこれぐらいですが、更に詳しく知りたい場合は
    Wiki内にあるManualのrefを参照してください

テキスト回り込み解除

#clear
  • 文章中に画像を貼り、テキストを回りこみさせたくない場合にrefコマンドの後に使用します

強制改行

#setlinebreak(on)
  • 通常は&br;等の改行処理をしないと文章は改行されませんが、このコマンドを記述すると
    以降のページ内文章はすべて記述どおりに改行されます

ページ挿入

#include(任意ページ名,title)
  • 記述した位置に指定した任意のページを挿入して、複数のページを
    まるで1つのページであるかのように表示することができます
  • titleでなくnotitleと記述すると、挿入したページのタイトルが非表示になります

階層化ページ一覧

#ls2(ページ名/,title)
  • 記述したページより階層化されているページのページ名を一覧表示します
  • ページ名/は省略可能で、書かなかった場合は#ls2を記述したページの階層化を表示します
  • titleを記述すると、階層化ページの*で表記した見出し一覧が表示されます
    • これを省くと階層化ページのみの表記になります

特殊技

強制リンク非表示

‌
  • Wiki内に同ページ名がある場合、文章として記述しても自動でリンクが貼られてしまいますが、
    これを回避したい場合に、リンクを貼りたくないページ名のどこでもいいのでこれを挿入してください
    • これはドット数0のユニコードで、それを利用しています
ふく‌ぽけ
  • 例としてはこんな感じです

文字位置指定での「<」と「>」

&gt;
&lt;
  • CENTER:やRIGHT:を指定した文章の行頭に>や<を使いたい場合、そのままでは記述できませんが、
    ユニコードの実体文字参照の&gt;と&lt;を使用すると記述できます

関連ページ