当サイトには性風俗情報が含まれています。
18才未満の方の閲覧はご遠慮ください。
デリヘルキングブログ - くだらないお話 Archive

Home > くだらないお話

くだらないお話 Archive

みんな幸せ待ち合わせ

アウトレイジ最終章が正直イマイチ。。
あべです。

120090527123052

突然なんですが、あべはデリヘルで「待ち合わせ」したことがありません。
いわば待ち合わせ童貞。

特に積極的に待ち合わせを敬遠していた訳ではないんですが、
単純にあべが利用するデリヘルではそもそも待ち合わせが無いとこが多いんです。

あとはやっぱり恥ずかしいじゃないですか。
もし知り合いに見られた場合に、彼女と噓をつくのもなんだかアレですし。

そもそもなぜ「待ち合わせ」があるのか?
デリバリーヘルスなら最後までデリバリーしろよ!

と思いましたが少し考えれば分かります。
待機所近くでの待ち合わせなら、送迎する必要が無いので経費削減、ひいては支払い金額も安く済む訳でみんな幸せ。
実際に待ち合わせに比べてホテルor自宅送迎の場合は、プラスで1,000~2,000円のお店も多いですし。

更に待ち合わせだと、ホテルまでの短い道のりですがデート気分も味わえます。
毎度一人ボッチでラブホに入るストレスから解放され、大手を振って女連れでラブホへin出来る。
これは意外と素敵かもしれない。見栄って大事です。

そしておまけに待ち合わせ限定のオプション、そう「ノーパン待ち合わせ」や「飛びっこ待ち合わせ」が楽しめるという利点があります。

中学時代に大変お世話になったAVで、「屋外で女優に飛びっこを装着させてキャッキャする」というビデオがありまして。
いまやメーカー名も女優名も覚えていませんが、飛びっこには良い印象しかありません。

しかも良く考えてみたら、待ち合わせはおろか飛びっこだって遊んだこと無いやん!
わざと遠いラブホを指定して、プレイ前にノーパン飛びっこに悶える嬢を視姦して楽しむ。
お、おお楽しそう!!

待ち合わせ自体はまだまだ恥ずかしい気もしますが、1回ぐらいはやってみても良いかもしれない。
最近はM性感偏重で己の性癖へ不安を感じているところだったので、リハビリにはちょうど良し。

いいかもいいかも。
何事も経験ですよ。
知り合い対策として、普段は行かない鶯谷の人妻デリヘルで待ち合わせをやってみようと思います。

色々調べて週末にでもチャレンジして来ます!!
あべでした。

フル改造済みであれば抱けるという人は多い

連日のブログ執筆。コバです。

b385166f-b5a8-4a1d-9cdd-50699c789b71

恋愛の対象が同性や両方イケる人をLGBTと言います。
最近ではすっかりみなさんの耳にもお馴染みではないでしょうか。

私も高校が新宿2丁目のど真ん中だったため、何も知らずに
公園で昼食をとっているとよく買われそうになったものです。

先日某テレビ番組にてLGBTを揶揄した内容があったとして、LGBTの団体が抗議をしておりました。

私個人としては団体が抗議することが悪いとは言わないまでも、コンプレックスの現れなのではないかと思ってしまいます。
保毛尾田保毛男がそんなに彼ら彼女らを傷つけてしまったのでしょうか。

私の周りのゲイは、みんなそういう皮肉っぽいものも笑って受け止められる懐の深さを見せてくれます。

日本では結構LGBTはすでにだいぶ市民権を得ているように感じますが、
当事者はそんなにも迫害されているのでしょうか。

周囲を見渡すと若干「繁殖できないから不毛である」というような意見もあるようですが、
そんな意見を持つ人ですら、よそはよそウチはウチの精神で直接口出しはなし。

それにこんなにメディアにゲイやレズビアン、
女装趣味の人が堂々と出ている国が世界にどれだけあるというのでしょうか。

ロシア圏、ムスリム文化圏であったら肉体的にも精神的にも凄まじい迫害を受けるでしょう。
私のロシアの友人によると、もしロシアで自分がゲイであることをカミングアウトしたら、
囲まれてBOKO☆BOKO は免れないと仰っておりました。

さらにある国では同性を愛すること自体が法律に触れるため死刑になるようです。
ゲイであることが発覚した人が頭に袋をかぶされて、死刑としてビルの屋上から叩き落される
動画をネット上で見た時に私は戦慄を覚えました。

当事者たち偏見はもちろんあり大変な思いもされているとは思いますが、
新宿2丁目に足を運ぶとみなさんそれはそれは逞しく生きておられます。

すでに随分と一昔前の「汚らわしい」、「変態」といったイメージは薄まってきている気がします。
彼ら彼女らも気づいたらたまたま同性を好きになった。その過程は異性愛者と何ら変わりません。

ネット上では野獣先輩は大人気だし、日本の国技野球界にはTDNもいる。
弊社社内には奇しくも阿部さんがいる。俺もタクヤさんの口淫を味わってみたい!
スペイン人のニューハーフの改造マ○コや、タイでの未改造のニューハーフのチ○ポをしごいたのも今となってはいい思い出。

データによると自分でも気づいていないだけで潜在的な同性愛者は10人に1人いるそうです。
自分探しの旅としてみなさんも是非一度、男の娘のいるお店に行って第三の眼を開眼されてみてはいかがでしょうか。

竿あり玉なしも、玉には良いものです。
コバでした。

撮影データの保管は慎重に

大変ご無沙汰しております。
コバです。久しぶりの投稿。

rIzChAX

マー君神の子不思議な子。
週末は田中将大投手、惜しかったですね。。

今年は投手、野手ともにシーズンの個人成績で上位に食い込みはしませんでしたが、
現在までにヤンキース、ドジャース、カブスが残っているので、
ここからの活躍に期待しましょう。

先日久しぶりにジャスティン・バーランダーとケイト・アプトンの流出画像で
オナニーしたのですが、最近日本では歴史に残り得る流出画像が出てきてないですね。

日本でも一線級のピッチャーとモデルの夜の営みの画像とか出てこないかな。

涌井と押切もえがふと頭に浮かびましたが、いかんせん興味が湧きません。

斎藤佑樹投手に最後の一燃えしていただくしかなさそうです。
さいてょと清宮の早実絡み動画が流出すれば、おかずとしてもネタ画像としても申し分ない。

しかし私とて携帯やPCに自分のハメ撮り動画が入っている身としては、
流出に細心の注意を払わねばなりません。

みなさんも流出にはくれぐれも気をつけてください。
とは言えデリヘルではオプション以外での撮影はダメですよ。
 
写真撮影オプションのあるお店で楽しんでください。
コバでございやした!

探してみたらテレクラはまだ意外と残っているようです

大阪なおみ快挙。
あべです。

126039904000

先日昭和の風俗について書きましたが、今回はテレクラ。

テレクラは“まじめ”なものだった? 意外な誕生秘話〈週刊朝日〉

> 「テレクラは、さまざまな人が入り乱れるシロート参加型の風俗の元祖だった」。
> 風俗ライターの伊藤さんは言う。
> 「援助交際」という不思議な言葉が生まれたのは平成に入ってからだが、売春に比べると罪の意識も薄かったのだろう。
> 消費社会の中で、ゲーム感覚で自分の都合のいいときにのみ電話をして交際をし、別れる。
> 愛情に飢えていた女子高生もいただろう。
> おじさんはバブルの絶頂と崩壊という社会の潮流にもまれ、生きる目標を失っていたのだろうか。

テレクラの発祥についてのコラム。
テレクラの全盛期は昭和61年だそうで東京に400店、全国には1,000店のテレクラが鎬を削っていたそうな。

あべが小学生~中学生の始め頃は街中のいたるところにテレクラのチラシが貼られていた印象があるので、
平成6年前後まで、つまり約10年の間テレクラは日常の風景でした。

電話ボックスの中はピンクチラシで埋まり、電信柱や路上でもアホほど宣伝されていたイメージ。
それが今では綺麗サッパリ無くなり、健全な街並みになっています。

もちろん良いことではありますが、なんとなく寂寥感を覚えもする訳で。

というかあべ自身、テレクラ経験が無いので一回ぐらいやってみたい。
もしかしたら、黒髪ロング背低めで顔面騎乗に興味のある、都内一人暮らしの18歳の素人の子とかと出逢えるかもしれません。

まあコラムでも書かれている通り、プロ・素人関係なく「出会いの場」というのは時代が変われど無くなるものではなし。
テレクラからツーショットダイヤル、出会い系サイト、そしてSNSに変わっていっているだけなのかもしれませんが。

そうか。
黒髪背低m(省略)と出逢いたいなら、今ならtwitterで出会えということなのか・・・
無理ですね。出逢える訳がない。
というかそんな子いても詐欺にしか思えません。
絶対に信じられない。

やっぱり顔騎は風俗で楽しむのが一番です。

なんだか今日の話は中身がない気がする。
っていつも無いか!
あべでした。

人の性癖の奥深さたるや「女子高生に殺されたい」

メッシすごすぎ。
あべです。

51MxBwXCpCL

風俗関係ではないんですが、漫画のご紹介。
こないだ映画化された『帝一の國』をジャンプSQで連載されている作家さんの漫画です。

「女子高生に殺されたい」 古屋兎丸著

パンチの効いた題名ですが、中身もそのまんま。
オートアサシノフィリアという「誰かに殺される妄想で興奮する」、かなり極まった性癖を持った男が主人公の漫画。

それも特に「女子高生」に殺してもらうため、わざわざ高校教師になった35歳の男。
劇画チックな画風も相まって、なんともいえないアンニュイな雰囲気が面白いかったです。

ネタバレになるので皆まで言えませんが、とにかく主人公のこだわりと計画性が凄い。
序盤も序盤、第一話から見開き2ページにわたってこんな感じ。

> 一発で殺される系の「崖やホームから突き落とされる」や無自覚系の「睡眠薬を飲まされ練炭自殺に見せかけ殺される」なんて最低だ
> 万が一「女子高生に恨まれてその彼氏に殺される」なんて死んでも死にきれない
> 絞殺・刺殺・撲殺・・・何回も繰り返され自分の創造をはるかに上回る苦痛を与えられ死にたい・・・
> しかし僕の理想を現実的に考えると不可能なことだって・・
> ①僕だって死は怖い だから全力で抵抗するがそれを上回る女の子でなければならない(でも女子プロみたいな子ではなく文科系の細い子)
> ②完全犯罪であること 僕の欲望のために罪を償うなんてありえない
> ③理想は素手での絞殺!絞殺がいい!

なんてワガママな!
でも分かる!!
いや殺されたい願望は全然分かりませんが、この性癖に対してのこだわりは分かる!!

あべ自身、己の性癖を語らせれば小一時間しゃべり続けられますし、
オートアサシノフィリアとは、M性(1周回ってもはやS性?)の最大発露のような気も。

とりあえず人の業の深さをしみじみと実感できる、味わい深い漫画。
全2巻で読みやすいですし、ラストも秀逸なので是非お試しください。

あべでした。

結局一番大事なのは努力と少しの才能

マー君さすが!
あべです。

243527

以前話題にした鈴木涼美さんのエッセイ本に関する記事。

元セクシー女優から見た、「おじさん達」の愛くるしい生態

> 文筆家・鈴木涼美さんのこの20年間で出会った「おじさん」たちの思い出を元にしたエッセイ『おじさんメモリアル』が好評だ。
> 「妄想大恋愛おじさん」や「通り魔的なおじさん」などなど一言では括れない、多様なおじさんたちが赤裸々に語られる一方で、
> 女を買う男の悲哀も鋭く優しく述べられている。

ブルセラ女子高生、キャバクラ嬢、AV女優、東大大学院生、大手新聞記者など、異色な経歴を持っている方のエッセイ本で、
主にキャバ嬢時代・AV嬢時代に出会った世のおじ様たちの残念エピソードを紹介しています。

そんな中で「一番印象的なおじさんは?」という質問に対しての答えがこちら。

> キャバクラ用語で、初出勤の新人が初めての客を相手にすることを「初・初」と呼ぶのですが、
> これが大好物なおじさんというのがいまして……。
>
> いきなりマルイに連れて行かれて「俺好み」の服をいろいろ着させられたりした挙げ句、
> 2ヵ月後に「君はもう汚れてしまった」とか言われて他の新人の子に切り替えられた(笑)。
>
> 彼らは本当に「何もわかってない女の子」が好きなんですよね。
> 経験豊富だってわかると萎えちゃうって人さえいる。
> でも、程度の差こそあれ、欧米の娼婦さんたちはマグロであればあるほど人気なんてことはあまりないと思うんです。

完全に同意です。
全く何をアホなことを言っているんですか。

あべ自身アラサーを華麗に振り切って、順調に加齢中。(うまい!)
あれよあれよと30代中盤に差し掛かろうとしています。
ようするにおじさんになって来た訳で。

そんなおじさんである私に言わせれば、どう考えても経験豊富な嬢の方が良えやんけ!

いや世の中には沢山の新人好きがいるのは当然知っています。
言いたいことは理解できる。しかし理解はできるが共感は出来ぬ。

新人嬢に寸止めが40分できるのか!
あべの繊細なM心の機微を敏感に感じ取って、ベストなチョイスで言葉責めしてくれるのか!!
「最後はイケ!って言ってくださぁい!!」とか言ってるキモ男に(表面上だけでも)引かずにプレイできるのか!!!

経験ってほんと大事。
あべはプロ嬢を永遠に応援し続けます。

とはいえ、「初心者である」ことが大きな武器になる業界も珍しいのも確か。
未経験者が本当の意味で戦力として歓迎されるというのも不思議ではありますが、
初めてチャレンジする子にも優しい業界ですので、ご興味のある方は短期でも是非ご検討をば!

という感じで締めようと思いましたが、ふと思いました。
未経験嬢にキッチリ亀頭責めやら寸止めしてもらえたら、それはそれで凄い素敵やん・・(;゚д゚)ゴクリ…

「こんなことするの初めてなのに、こんなに悶えて恥ずかしくないんですか~?」とかね!
「あべさんのおかげでSに目覚めちゃいそうです♪」とかねとかね!!

これは良い。
胸がTOKI☆MEKIますよ。

次回はオススメの新人さんに入ってみようかな☆
あべでした。

夢のドライオーガズム

ミニスーファミ欲しい!
あべです。

kansou

あべの風俗友達であるH氏。
趣味が合うため非常に有難い友人です。

そんなH氏なんですが、お尻大好きなんですよ。
具体的には、吸盤付きアナルディルドを一人で試してしまうぐらいには好きでして。

どうも自分だと上手く出来ないようで、その後ディルドはお蔵入りしてしまったようですが、
風俗では電話痔に「お尻いじるのが上手い子で!」と毎度連呼しています。

そして先日、ついに人生初の前立腺のみでの絶頂に達したらしいんです。
そう、ドライオーガズムってやつです。

どうやら初めて指名した嬢がとんでもないテクニシャンだったらしく、
1回普通に逝った後そのままお尻を弄られ続けて、終了までの10分間で5,6回はドライで逝かされたとのこと。

ぶっちゃけ、あべはドライオーガズムなんてのは半分都市伝説だと思っていました。
ネットでは散々見ますが、自分も含めて周りの人間は誰一人体験したことないんですもん。

それが身近の人間の身に起きてしまった。。
しかもH氏いわく、とんでもない体験だったと。

嬢にも「こんなにアナルの才能がある客に久しぶりに会った」と言われ、
当の本人は既に1週間近く経つにも関わらず、あまりにも気持ち良さと達成感で昨日に至るまでオナニーしてないらしいです。
性的に満足してしまったと。

羨ましくて仕方ない。

オナニーを覚えて早25年。
おそらく5000回以上射精している計算になりますが、実はその全てを吹っ飛ばすほどの快感があった訳で。

フリーザを知らぬベジータみたいなもんで、なんというか井の中の蛙。
このまま死んだら損した気分ですよ。。

悔しい悔しい悔しい!
あべだってドライオーガズム体験してみたいよぉぉぉ!!

がしかし、あべはご存じの通り(?)お尻が苦手。
すぐ切れ痔になりますし、何より異物を入れようとすると勝手に力が入ってしまい、
結果何人たりとも侵入を許さない処女アナルなんです。

ただこのままでは終われない。
今まで風俗では切れ痔リスクを鑑みて「お尻は第一関節までルール」を徹底していましたが、
もうそんなフヌケたことは言っていられません。

今後は多少の痛み・恐れは無視して、積極的にお尻を開発していきたいと思います。
目指せドライオーガズム!!

責めるか責められるはさておき、とりあえず3連休はお尻で楽しむ!

あべでした。

有名デリヘル店&有名嬢で毎晩楽しめる、やっぱり天国みたいな職場

アタリボックス欲しい・・
あべです。

20130824_0031

まさか国税局によるデリヘル店内偵の話題で、ブログ3回も使うことになるとは。

そもそもの記事がこちら

昨日の結論として、上司命令でクレイジーなコンセプトのヘルスに飛ばされる危険性、
更には追求捜査のためのリピートの必要性等を考えて、経費でデリヘル行けるとしても楽しいばかりじゃない、そう考えました。

間違いなくその一面はあるでしょう。
デリヘルキングに登録して頂いているお店を見ても、本当に本当に世界は広い。
生理の嬢専門店や80キロ以上の嬢オンリー店など、足コキどころの騒ぎではない圧倒的フェチ向けのお店が沢山あります。

当然そういった己の性癖とは程遠い、クレイジーなプレイを強制的に体験させられる場合もあるはず。

でも思ったんですよ。
内偵に入るお店ってのは、国税局が「この店脱税しているんじゃ?」と目をつける程の店な訳で。

そうです。・・・大人気の有名店・当たり店に決まっています!!

これは話が変わってきました。
もはやフェチがどうのとか言っている場合ではありません。

上司からの業務命令で、夜な夜な全国有数の人気デリヘル店を練り歩くお仕事。
しかも指名+有料オプションに加えて、リピート指名までついてくる新設設計。

なんてことだなんてことだ。
ストレスであべが脱税してしまいそうです。

某デリヘルポータル街天国さんや、デリヘル町。
そんな有名サイトでランクインするような、超絶素敵なお店やNo1嬢と毎晩のように酒池肉林。
しかも経費(税金)で!!

うああああああ!
くそう!ちくしょおおおお!!
なんで俺は国税局に入ってないんだ!!

早速Yahoo知恵袋で調べたところ、国税局で実務を担当する統括主査・主査は、どうやらキャリア採用ではなく公務員2種から採用されるそうです。

あべは昔から確たる夢、というものが無い少年でした。
「なりたい自分」があれば、きっともっと努力できるのに・・そんなことを考えて悶々と過ぎる毎日。

もうそんな日々とはお別れです。
齢33歳にして、ついに出来ましたよ!
あべにも夢が!!

国税局主査(デリヘル店脱税担当)に、俺は、なる!!ドン!!

脱税の内偵とかどうでもいい!タダでデリヘルに行きたい!!
未来の公務員あべでした!!

ペニバン突っ込まれるばかりではなく、結局いろいろと大変な職場

バリ島で噴火が起きませんように・・
あべです。

51iSErZNSgL

昨日書いた国税局のデリヘル内偵の話。
「良い感じにキモい文章が書けたなぁ~」なんて自賛しつつ、
同時に「羨ましい職場すぎるな。。」とぼんやり考えてまして。

良いなぁ、経費で風俗行きたいなぁ・・。
国税局主査、、夢のような仕事ですよ。

ただふと気付きました。
そんな甘い仕事ばかりじゃないんじゃ・・?

よく考えてみて下さい。

> 「むむむっ!この前立腺責めが売りのデリヘル、、なんか怪しいなっ!仕方ないから内偵だぁ!!」
> 「もしもし、このNo.1のAちゃん指名で90分男の潮吹きコース!オプションはパンスト、浣腸、聖水、ついでに顔騎もよろしく!!!」

昨日はこんなこと書きましたが、脱税疑惑のお店の選定は多分、というか間違いなくこんな杜撰じゃない。
上司からの指示で店は決められ、もしかすると指名する嬢や追加する有料オプションまで命令されるのかもしれません。

国税50代上司「おい、あべ主査。来週の内偵の件だが、君は鶯谷の超熟女店でこの70歳嬢を指名だ!頼んだぞっ!!」

頼んだぞっじゃねえ!!!
有料オプションは園児コスプレ(+500円)なんて言われた日には辞表もんですよ。

いや決して熟女ヘルスや70歳嬢を忌避する訳ではありませんが、ちょっとさすがにストライクゾーンからハズレすぎです。
仕事ですし多少のボール球は振りますが、いくらなんでも外野に向かって投げられたサッカーボールは打てません。

母親どころか祖母のような年齢の嬢の園児コス。
好きな人は好きなのかもしれませんが、うう~ん、きつい。

きついだけならまだしも、万が一新たな性癖に目覚めてしまったら一生十字架です。
婚期が遠のくどころの騒ぎじゃありませんよ。

話が脱線しましたがようするに、尋常ではない性癖向けの店に派遣される可能性があるということです。
内偵なので当然派遣されたからには、しっかりプレイを楽しまなければなりませんし。

デリバリーヘルスにデリバリーされるとは、これいかに。
うまい!いやうまくない!って違う!!

なんだか嬢の気持ちが少しだけ分かった気がします。
仕事だから仕方ないにせよ、とんでもない性癖(かもしれない)の客の元に派遣される。

うん。
隣の芝生は青く見えるだけ、実際に簡単な仕事なんてきっとないんですね。

あべも羨ましがるばかりではなく、日々頑張ろうと思います。
あべでした。

風邪ひいて風俗はインモラル

今年は週末いっつも雨やん。
あべです。

kininaru32-1

久しぶりに風邪ひいてしまいました。
一昨日ぐらいから微熱が下がらず悶々としています。
週末は家にこもって療養しようかと。

ただ心残りが一つありまして。
先日、ここ数年で一番当たりだった某M性感のSさん。
今週は平日の出勤があまりなく、今夜だけ夜21時まで出勤だったのでもう大分意気込んでたんです。
それがこの体調なのでもうどうしよう。

風邪と言っても特に咳などは出ておらず、ただ頭痛が続いている感じ。
こんな状態で行っても言葉責めは楽しめないでしょうし、何より風邪をうつしてしまっては申し訳ない。

うぅ。
でも人肌が恋しい。

そして何より120分で入って存分に楽しむために、今週はオナ禁してたんですよ。
火曜日から我慢しているので既に3日。
ムラムラが止まりませんよ。辛い。

ダメだ。
なんだこの日記みたいな文章は。。

もう今日は大人しく家に帰って寝ようと思います。
ごめんよSさん。いやS様。
来週水曜日までオナ禁頑張るのでそれまで待っててください。

なんだか面白くもない上にキモい文章になりました。
皆さま、季節の変わり目なのでお体ご自愛ください。

あべでした。。

ホーム > くだらないお話

ブログ検索

Return to page top