当サイトには性風俗情報が含まれています。
18才未満の方の閲覧はご遠慮ください。
デリヘルキングブログ - くだらないお話 Archive

Home > くだらないお話

くだらないお話 Archive

クリスマス懐古

東日本の皆さん、雪は大丈夫でしたでしょうか。
あべです。

cri
引用

だいぶ時期遅れの気もしますが、、皆さんクリスマスは如何お過ごしでしたか?
渋谷のラブホ街は空室だらけ、クリぼっちでアダルトグッズが好調…若者のクリスマスの過ごし方に異変が

> しかしクリスマス直前の22日、渋谷の街で若者カップルに話を聞くと「(どこかに行ったりは)特にしない。いつもと変わらないのでは」と答えた。
> 実際、24日夜に渋谷のホテル街を訪ねてみると、人通りも少なく閑散としていた。
> あるラブホテルでは、イブにもかかわらず3分の2が空室。
> 従業員の女性は「暇だよ本当に。今日は特にひどい。クリスマスだからって伸びないよ、今は。何だか今は関係ないみたい」と話した。

最近はクリスマスの過ごし方が変わったそうな。
渋谷のラブホも空き室が目立ったみたいです。

記事には人気デリヘル嬢さんへのインタビューもありまして。

> 普段は1日に5人以上接客するというデリヘル嬢のコモモさんの予約はわずか2人。
> 店舗スタッフの上杉さんは「昔は根強いリピーターさんを持っている女の子は、クリスマスに出るともう完売状態で取り合いみたいなイメージはありましたけど、お客さんの方もそんな感じにはなっていない」と話す。
> 仕事の後の予定は「もう彼氏と…(笑)。そこは別ですね…」とコモモさん。

最後の一文が極めて不快ですが、クリスマスの性産業不況もここまでとは。

ぼっち代表であるあべは24日は一人でまったりと過ごし、25日は一人で五反田の行きつけのM性感に行きました。
そして「部屋空いているかな・・?」とブルっていましたが、実際に行くと1軒目のホテルであっさり部屋をゲット。

嬢にも聞いたところ、「クリスマスだからって、特に予約が多い訳じゃない」とのこと。

なるほど。
ガチかもしれない。
これはまずいですよ。

おそらく来年もぼっちなクリスマスを過ごすであろう私あべ。
イブは一人で我慢して、結局翌日寂しくて風俗に行くのが最近のトレンドな訳で。

「どうせお客さん来ないし出勤やめようかな」なんてことになったら、あべはどうすれば良いんですか。
良く行くラブホも、流行りの観光客向けホテルへ改装なんてされたら、あべは一体どこでクリスマスを過ごせば良いのか。

「来年すぐにどうなる」という訳ではないかもしれませんが、このまま手をこまねいてはアカン!

とりあえず個人では今まで以上に、M性感とラブホを利用する頻度を増やすとして。
業界全体でも考えていかなければならない問題ですよ。

なんかフワッとしてる上に意味不明な〆になりましたが、
とりあえず皆さんも沢山デリヘル使って、業界の維持に努めれば良いと思う。そう思う。

あべでした。

授乳好きじゃなくて、ただの露出狂の可能性も

頑張れ杉田!
あべです。

42a0f_196_54df0d2f_adc13915

これまでも授乳手コキへの強い関心を示してきたあべ。
やっぱり男はいくつになっても母性、というかオッパイへの執着を忘れられないんですよね。

そんな授乳についての記事。
http://news.livedoor.com/article/detail/10153036/

> ミシシッピ州のとある「ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)」でこのほど、ある親子が店舗から無理やり追い出される事件が起きた。
> リンダ・バレティさんという76歳の母親が客席でいきなり胸を出し、42歳の息子マイケルさんになんと“授乳”を行ったのだ。
> この一件は人々の大きな関心を集め、「女性に対する人権侵害だ」、「公共の場であり得ない行為」、「変態親子」などと物議を醸している。
~中略~
> これは大変な差別だとして、ついにKFCを相手取って訴訟を起こしたリンダさん。
> ある法律家は「1976年から公共の場での授乳が正式に認められており、その行為を邪魔した者には大変な罰金が科されます。

半端じゃないですね。
あべの性癖など地平線のかなたにぶっ飛ぶ、圧倒的かつ衝撃的な変態です。

更に母親からの訴訟のオマケつき。
アメリカ人ってすげえ。

謎の賛否両論(?)がある、、のか分かりませんが、とりあえずコレが人権侵害であって良いはずがない。
お空の上からガンジーも泣いていますよ。
もしかしたら怒ってぶん殴られるかもしれません。

あべは思うんです。
どんな性癖を持っていても、それははもう仕方ない。

育ってきた環境や過去のトラウマ、そしてたまたま出会った彼氏彼女によって、個々人の性癖は変わっていくものです。
ガチの食糞主義者がいても、その人自身に罪はないんですよ。

ただそれは「節度を持って発散すれば」の話です。
他人を不快にしたらいけませんよ。

ウンコが食べたいなら、家でコッソリ食べなければなりません。
パンツ被らないと興奮しないなら、盗むんではなく、嫁に貰うかamazonで買えば宜しい。

あべだってどんなに足コキが好きだからって、路上で勃起チンチンに黒ストッキングは巻きません。
そう、世間様に許される変態でいるためには「常識」が必要なんです。

マイケルさん(42)に言いたい。
なぜ家で吸わなかったのか?
ケンタッキーで76歳のママのおっぱい吸ったら、そりゃこうなってしまいますよ。。

この事件だって、家で授乳していることが知り合いにバレて、それをTwitterで拡散された・・
とかであれば、あべはマイケル擁護に回ったことでしょう。

「授乳手コキをバカにするな!好きなだけ吸えよマイケル!!訴訟だっ!!!」ってなもんです。
いや手コキはしてないか。

全世界が注目するこの裁判。
判決がニュースになるかは分かりませんが、あべもJAPANESE HENTAIの一人して注視していきたいと思います。

そして世の授乳手コキ好きの皆さん。
ケンタッキーでプレイすると騒ぎになることが分かったはず。

もう大人なんですから、授乳手コキは授乳手コキしてくれるお店ですると良いかと。

あべでした。

富美子の足

なんだかんだ言うときながら、結局来てくれるなら嬉しいゲレーロ先輩。
あべです。

PRI_20171215-172047

以前から「長男の大学進学」より「好みの脚美人に一生足コキして貰える権利」、
どちらかしか選べないなら後者を取ると宣言している私あべ。

ベッドに座る嬢が足コキしやすいよう、ラブホの地べたに寝転ぶことをいとわず、
なんなら喜び勇んで率先してM字開脚、足コキを懇願してハァハァできちゃう私あべ。

ハードに亀頭をパンスト磨きされたせいで刺激に鈍感になり、「今日イケないんじゃないか・・(;゚д゚)ゴクリ…」と不安になったものの、
結局顔を足で踏んづけられたらあっという間に果ててしまい、今後の自分が少し不安になっている私あべ。

全てガチの事実。
3つ目なんて先週末の話です。

そう。不肖あべ33歳、生粋の足フェチでございます。

前置きが長くなりました。
三度の飯より足を舐めたいペロペロしたいとりあえず足で何かされたい。
そんな足大好っこなあべですが、これはもう必見な映画を見つけてしまいました。

片山萌美の足がでんでん&淵上泰史を狂わせる 谷崎原案『富美子の足』予告

> 同作の主人公は、デリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の足に強い偏愛を示す富豪の老人・塚越。
> 富美子の足をかたどった等身大フィギュアの制作を甥・野田に依頼する塚越役をでんでん、富美子役を片山萌美、野田役を淵上泰史が演じる。
> メガホンを取ったのは『リュウグウノツカイ』などのウエダアツシ。

原作は明治大正を代表する奇才谷崎潤一郎の同名小説。
何年か前にNHKの歴史秘話ヒストリアで、とにかく変態扱いされていた作家さんです。

当然作品も変態性抜群。
登場する女性の魔性やエロティシズム、そして振り回される男性陣の狂気。
更になんともクセになる退廃的な世界観は一見の価値ありでして、濫読家あべも代表作は読んだことがあります。

そんな谷崎潤一郎の「足へのフェティシズム」をテーマとした短編小説を映画化とは・・・
どこの誰がお金を出しているか知りませんが、日本も捨てたもんじゃないです。素晴らしい。

とりあえずストーリーと予告をチェックしましたが、やっぱりとんでもない。
youtube見れば分かりますが、とにかく狂気狂気狂気。
ベロベロ舐めまわしまくりです。

予告の段階で自己投影して楽しめちゃう『富美子の足』。
これは見るしかありませんよ。
取り急ぎ公開日の2月10日をGoogleカレンダーに入力し、残り2か月を伏して待ちたいと思います。

あべでした。

優しく怒られて「ごめんなさぁい!」と言いたいワガママM男心

ゲレーロは毒まんじゅうだと思うんですよ。。た、食べちゃだめぇ!
あべです。

venus2

こないだ知り合いに「キングブログ見てるよ!」と言われまして。
最近は気合いを入れて書いておらず、、
ふぬけた文章ばかりだったので、今日は頑張ってキモイ文章を書こうと思います。

突然ですが3か月前にブログで書いた、五反田の某M性感のS嬢のお話を覚えておいででしょうか。
覚えていなくても大丈夫。あべ自身も書いたことすら忘れていました。

大正義であり運命の出会いも体験できる夢のM性感

> もはや曲がり角でパンを咥えた転校生とぶつかったぐらいの運命度。
> 詳しくは後日改めてまとめたいと思いますが、とりあえず言いたいことは一つ。
>
> 受け身系の風俗において最も重要なのは『言葉責め』だったんですね!
> 『言葉責め』こそ至上!
> 『言葉責め』さえ上手ければ何もいらない!!
> 大事なことなので3回言いました。
>
> いやあべも頭では理解し、これまでも体験談などで下手な嬢へ苦言を呈してきましたが、
> 改めて本当に上手い言葉責めを体験すると、もうこれしかない!という開眼に至りました。

実は未だに大好き、どころか既に5回ほど指名してしまっており、今や立派な常連さん。
当時も大絶賛していますが、3か月経った現在では宗教的な信奉にまで至っています。

時間いっぱい使って繰り出される言葉責めと、手コキテクの数々。
始めから終わりまでプロに徹し、プレイに関係ない余計な質問には「ウフフ教えない・・」的な痴女感あふれる受け答え。

もうとにかく素敵なんです。ああSさん大好き。
あべの貧相な語彙のせいで、彼女の素晴らしさの全てを伝えきれず悔しいっ!!

とりあえずこれまで出会ったM性感嬢の中では、圧倒的最強のお気に入りになっています。

そんなS様とのプレイなんですが、前々回あたりから「謝罪プレイ」にハマっていまして。

毎日のようにお客さん&上司に怒られて謝っていた新人営業マンの頃に比べて、
社会人歴も10年を超えてデスクワークになった今では、「謝罪」の機会も減ってくる訳です。

ましてや10年前はバリバリのS男を自称しており、苦痛でしかなかった「怒られて謝罪する」行為。
いや今でも仕事で怒られるのは吐き気がしますが。

三十路を過ぎてMに開眼した今なら、相手と怒られる理由によっては十分興奮材料になる訳で。

色々言い訳がましくなりましたが、とりあえず今は「M性感嬢に怒られて謝る」という夢のようなプレイに傾倒しています。
あまりにもあべがチンチン丸出しでウヒウヒ喜ぶもんで、直近の指名では「あべ君、ちゃんとごめんなさいしなさい!」とか言ってくれる始末。

怒られる理由も多彩です。

勝手に勃起させて「ごめんなさい!」
ついついNGであるお尻を触って「ご、ごめんなさい!!」
手コキ寸止めに我慢できずに腰を動かして「ご、ご、ごめんなさぁい!!」
挙句、「謝りながら逝きなさい!」とか言われて「ごめんなさぁい!!あがぁーーー!!」

まあ最後のはあべの方からお願いしたんですが、もう楽しくて楽しくて。ウフフ。
たまりません。

常々言っていますが、あべのモットーは「風俗では、風俗でしか出来ないプレイをするべきである」でして。
「逝く時には命令口調で謝罪させてくださぁい!」なんて誰にも言えませんよ。

これぞまさに風俗でしか出来ないプレイ。

彼女に言えばフラれた上で共通の知人に晒されること請け合い。
嫁の場合は子供連れて実家に里帰り決定です。
もちろん他人に言えば一発で御用。

こんなすぐに逮捕の世知辛い世の中。
己の欲望を存分にさらけ出せるところは、今や風俗しかありません!

さあ今年も残すところ3週間ちょい。
今年の欲望は今年発散しておきましょう!!

あべでした。
ごめんなさぁい!!

過剰なサービスされたい

大谷のMLB二刀流に期待。
あべです。

18409
https://geothek.org/18409.html 引用元

わたしとしたことがこんなニュースを見逃していました。

女性向けデリヘルの男逮捕、無許可で営業疑い 「過剰サービス」と客が相談し発覚

> 女性相手のデリバリーヘルス(派遣型風俗店)を無許可で営業したとして、
> 札幌・中央署は28日、風営法違反(無許可営業)の疑いで、札幌市、団体職員の男(42)を逮捕した。
>
> 逮捕容疑は6月30日、風俗営業の許可を得ずに、同市中央区のホテル一室で女性客に性的マッサージをした疑い。
>
> 署によると、容疑者は「ブルームーン」という店名で、客に呼ばれるとホテルに出向く形で営業していた。客が「過剰なサービスをされた」と署に相談し発覚した。

キングブログでも何度か取り上げたことのある「女性向け風俗」。

もれなく欲求不満なムラムラ素人女性が行くお店な訳で、それはそれはどんなお客さんなのか大変気になります。
が、気にはなるものの今はそれどころじゃありません。

なんだよ「過剰サービス」って・・(;゚д゚)ゴクリ…

既にお店のサイトは当然閉鎖していますが、調べてみると色々と分かってきました。
今回のお店は女性向け版「回春マッサージ」のようなお店だったようです。

通常の男性向けだと、大体のお店は「上半身のアロママッサージ→下半身・鼠径部のマッサージ→手コキ」のような流れ。
女性版も大差は無いと思われますので、オッパイやらお尻のアロママッサージからの手マン??なのか。

そして、そこからの「過剰なサービス」。。

ここであべは「サービス」という単語に注目しました。
もしオチンロンの挿入に至ったのならば、通報した女性は「サービス」とは言わなかったんじゃないでしょうか。
その場合はおそらく罪状も風営法違反ではなく、暴行なり強姦なりのより重い罪になるはずです。

男性から女性へのサービス、言い換えればご奉仕。
女性へのご奉仕と言えば一つしかありません。

そう「クンニ」です。
間違いありませんよ。

札幌の団体職員の男42歳(団体職員ってなんだ?)は無理矢理クンニをして逮捕されたに違いなし。

真相は闇の中ですが、生粋のクンニャーであるあべとしてはクンニで逮捕されるならば望むところ。
明日死ぬなら今すぐ顔面騎乗で窒息したいとすら思っています。

とはいえ、お金貰って逮捕リスクのあるクンニをするぐらいなら、お金払って逮捕されないクンニの方が楽しいに決まっています。

今週末は誰に怒られることなく思う存分クンニすれば良いぢゃないっ!

あべでした。

私服というコスプレ

ハロウィンです。渋谷勤務は憂鬱すぎる。
あべです。

bced3845

もうね、本当に凄いんですよ渋谷。
今年は31日が火曜日ということで、先週金曜に身構えていたんですが街に大きな混乱はなし。
つまり本日にパリピ達が終結するということに他なりません。

確かにエロい。
去年も思いましたが、このクソ寒い中ハロウィンコスプレ女子は露出過多です。
楽天のコスプレ衣装ランキングでも、上位にバニーさん、ミニスカ婦警、ナースさん、エロサンタに雌豹と、
デリヘルもびっくりのラインナップが勢ぞろい。

ですがね、それを視姦する気が起きないぐらい人ゴミが凄い。凄すぎる。
35に手が届こうかというオジサンには耐えきれないレベルです。
月末で忙しいのもプラスされ、正直一年で一番憂鬱な日なんですよ。

というような事を書いている途中で、ふと去年のハロウィンの日のブログをチェックしたところ。

> あべはインドアなのでそもそも人が多くてイライラしていたんですが、一昨年ぐらいからハロウィンの日がもう本当に凄い。
> 人が危ないぐらい大量にいるので1年で一番ストレスが溜まる日と言っても過言ではありません。
>
> 今年は良い感じに週末が重ならなかったので安心していたんですが関係ありませんでした。
> というか年々酷くなってる。
> ちょっと凄いですよ。なんだった昨日は。。
>
中略
>
> でもきっと分かってくれる人は沢山いると思います。
> 月曜からこんなお祭りを受け入れられる三十路リーマンは滅多にいないはず。
>
> 本当は「コスプレしたけりゃデリヘルで!」みたいなブログにしようと思っていましたが、
> 昨晩の帰り道のストレスのせいでコスプレは既に食傷気味です。

なんと導入はもちろん、書こうと思っていたオチまで一緒。
いかに中身と成長の無い一年を送っていたか、、
ハロウィンどうこう抜きにして吐き気がします。

こうなったら、今からでも遅くない!
あべも今夜は渋谷の街でTENGAコスプレで盛り上がってやろうかっ!

もしくは17時に終わらせてさっさと家に帰ってやろうかっ!!
というか普通に五反田でM性感に行ってやろうかっ!!!

ハロウィンなんてくそくらえですよ!
あべでした。

あゝ、あの子の椅子になりたい

キタサンブラック格好良い・・
あべです。

ebod00495pl
引用元

6月から始めたジム通い。
夏明けに一回やる気が萎みかけましたが、10月末現在なんとか続いています。
35歳も見えてきたあべにとって、これがおそらくムキムキになる最後のチャンス。
風俗嬢にモテるためこれからも頑張ります。

そんなジムですが、あべは某大衆向けフィットネスジムに通っています。
ガチの筋肉フェチ向けではなく、ヨガなどのプログラムもある老若男女幅広く利用しているとこでして。

つまりいるんですよ。OLが。しかも結構いっぱい。

仕事帰りのOLさんが、なかなか際どい露出の多い服装で運動している訳です。
正直なところモチベーションの一つになっている程度には楽しい。

そして当然汗だくなんですよ。
ホットパンツの妙齢の女性が、超真剣に汗まみれで反復運動をしているってことです。
もはやエロい。たまりません。

中でも最近のあべの流行りはスクワット女子。
もうプリプリのケツが最高でして。

昔は足ばかり見ていたあべでしたが、今では滑らかな球体のプリケツに夢中。
あゝ、あの子の椅子になりたい。

というか、スポーツジムコスプレのホットパンツ姿の嬢に顔面騎乗して貰いたい。
てな訳で探しましたが、ない!ないんですよ!

基本的にコスプレ系のお店は萌え系・リアル系、どちらかになります。
萌え系であればアニメ・漫画、リアル系であればセーラー服やボディコンなどの衣装が揃いますが、
何にせよスポーツ系の衣装は本当に数が少ない!!

唯一、定番のスク水・チアリーダーぐらいはどこのお店も用意がありますが、それ以外はなかなか見当たらず。
代わり種で野球やサッカーがちらほらあるぐらいで、スポーツジムなんて影も形もない!
なぜだ!なぜなんだ!!

ジム用のコスプレなんて、その辺のスポーツショップで大量に売ってます。
需要も多く価格が安いうえ、どれも適度にエロく、更に機能性重視のため当然超乾きやすく素材も丈夫。
コスプレ店としては言うことなしの素敵衣装です。
これは揃えるしかないっ!

世の中のイメクラ店、コスプレ店の店長様。
是非ともジム衣装の用意と、及びインストラクターさんのスクワット顔面騎乗オプションの用意を何卒・・

あべでした。

デリヘル呼んで佐々木希が来たらそりゃ人生の一つや二つ変わるだろ

またスター候補がパリーグに。。
あべです。

dasfgf

先日見た映画のお話。
遅ればせながら「風俗行ったら人生変わったwww」を見ました。

風俗ネタということで随分昔に2ちゃんねるのまとめではチェックしていましたが、
映画はなかなか低評価だったため二の足踏んでいまして。

感想としては、うん、正直イマイチ。
原作の記憶自体ややおぼろげな記憶ながらも、様々な批評サイトで言われているように映画版の改悪はちょっと酷かったです。
扇風機のオチはもはやギャグでした。

いや面白くないことは分かってたんですよ。
この映画の価値は別のところにあります。

そう、佐々木希さんの嬢姿とパンチラです。
※逆に言えばそれしか価値がありません。

正直なところ内容は全く頭に入ってきませんでしたが、随所に散りばめられた佐々木希さんとのイチャイチャが素晴らしい。
あべも佐々木希さんに膝枕されたい。
いい子いい子されたい。
憎い。綾部が憎い。くそう!

そもそもですね、デリヘル呼んで佐々木希が来たらそりゃ人生の一つや二つ変わるだろ。
全くしょうもない映画でしたが、とりあえず妄想だけは捗りました。

いつかあべにも、フリーで訳アリ超美少女風俗嬢が来ますように。。
あべでした。

早起きは三文の得

清宮君はどこへ!?
あべです。

E697A9E8B5B7E3818DE381AFE4B889E69687E381AEE5BEB3-e1412699578161

昨日の痴漢についてのブログの最後締めの部分。

> ようするに「痴漢する気もおきない状態」になれば良い。
> 言い換えれば「男性が最も女性のケツに興味がない状態」に進化しておけば良い訳です。
>
> そう、男における究極の諦観状態「賢者タイム」ですよ!!
> 世界から争いが無くなればいい!!
>
> 回答が出ました。
> 毎朝オナニーすれば良いんですよ。
> 出勤前にこうサクッと性処理して、賢者の状態で電車に乗る。

読み返して愕然としました。
デリヘルポータルサイトの人間が、オナニーを推奨するなど天に唾吐くのと等しい行為。
許されません。

と同時に思いついてしまいました。

日本では古くから「早起きは三文の得」などと宣い、「朝」という時間を有効活用することを美徳としています。。
朝シャンに始まり、朝ラン・朝スポ、そして朝練。
朝ラーも最近市民権を得ており、イチローは朝カレーでMLB3000本安打です。

オナニーも勿論すごく気持ち良いので朝オナも十分素敵ですが、
どうせならもっと気持ち良くなっちゃえば良いじゃない!!

そうです!
朝ヘルですよ!!

平日朝、いつもより30分早く起きてサクッと一発朝ヘル。
朝キャバみたいなもんです。

総じて「朝」メニューはお値段休めなので、朝ヘルも20分3,000円ぐらいの価格設定。
駅に着くまでにちょっと寄り道、30分1,500円のレンタルルームで性欲発散!!
ナニコレすごい名案やんけ!!!

痴漢欲求のある人は朝からシミュレーションプレイしても良いでしょう。
平日の朝っぱらから20分の痴漢プレイも人としてどうかと思いますが、
実際にJKのケツ触って御用になっちゃうよりは大分マシ。

世界平和を願うだけの性欲0達観サラリーマンの誕生です。
賢者タイムのまま電車へGO!満員だろうが何も怖くありません。

首都圏の混雑駅にお店を構えるデリヘル店のみなさま。
是非ご検討をば。

あべでした。

デリヘルにヘッドスライディング!

また書かせて頂きます。
コバです。

hirano

先日逮捕された覚せい剤二世タレントの清水容疑者。
事務所解雇されました。当然です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000112-spnannex-ent

そんな二世タレントブームの昨今、私が今一番注目している二世タレントと言えば桑田真澄氏次男のMatt氏です。

桑田真澄と言えばPL学園ではKKコンビとして大活躍したことがあまりにも有名です。

そのPL学園も野球部の重なる不祥事や時代の移り変わりにより
新規部員の募集はすでに停止されています。

PL学園野球部はKKの他にも立浪、片岡、橋本、吉村、福留、松井稼頭央、前田健太等を筆頭に、
NPBに歴代最多のOBを選手として送り込んでいます。

PL学園野球部はかつてその只異ならざる規律の厳しさにより、
逆境をはねのける精神力を養い、巷には「逆転のPL」などと呼ばれておりました。

全寮制の寮生活では特に上下関係が厳しく、
有名なところでは「三年︰王様」、「二年︰平民」、「一年︰奴隷」、
というゆとり世代にはおよそ相容れないシステムを採用していました。

●一年生は三年生に対し基本「はい」か「いいえ」しか発声を許されない。
●一年生は付き人として三年生の身の回りの世話を行う。
●朝は上級生より早く起床し、夜は先輩方の自主練後の食事の配膳や世話、片付けを行った後に食事。
●その後先輩方のユニフォームを洗濯。日によって2,3時間しか寝ることができない。
●一年生同士の会話禁止。
●窓開けるの禁止。
●女見るの禁止。
●登校時は隊列にて歩調をとり行進。
●笑顔禁止。

これ以上はここでは省きますが、脱走者が出るのもうなずけますね。

これに加え先輩方の気を損ねることにより喝が入るわけです。
当時のPL野球部に耐えられれば、タイムスリップして大日本帝国陸軍に招集されたとて、それなりの結果を出しそうな気がします。

そんなPL野球部OB立浪氏の強○疑惑はさておき、みなさんもムラムラしたらデリヘルにヘッスラ。
これが言いたいだけでした!

ホーム > くだらないお話

ブログ検索

Return to page top