当サイトには性風俗情報が含まれています。
18才未満の方の閲覧はご遠慮ください。

Home

デリヘルキング運営ブログ

メンテナンス終了

いつも大変お世話になっております。
デリヘルキング運営事務局でございます。

本日10:00~13:00で実施致しましたサーバーメンテナンスにつきましては、12:50に予定通り完了いたしました。

サイトにアクセスできずご迷惑をおかけしました、ユーザー様、店舗様、キャスト様、
ご協力いただき誠に有難うございました。

今後ともデリヘルキングを宜しくお願い致します。

デリヘルキング運営事務局

メンテナンスのお知らせ

いつも大変お世話になっております。
デリヘルキング運営事務局でございます。

最近1か月ほど夕方~夜間にかけて、
動画のアップロードやキャストの設定が遅延する問題が発生しております。

一部のサーバーに負荷が集中してしまうことが原因であり、
状況改善のため下記の予定でメンテナンスを実施致します。

メンテナンス予定
2018年8月15日(水)10:00~13:00
※メンテナンス中は店舗管理ページを含む、全てのページが閲覧出来なくなります。

ご利用のユーザー様、店舗様、キャスト様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、
何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

デリヘルキング運営事務局

冬のオナホウォーマーこそ大正義である

なんやかんやオリンピック楽しいm(__)m
あべです。

PRI_20180223-173546

ちょっと時間が空いてしまいました。
前回のブログに書いたオナホウォーマー。

結論から言えば、素晴らしかった。
もはや冬はオナホウォーマーなしではオナホが使えなくなりました。

こんな恐ろしい便利アイテムが1200円とは、、、デフレここに極まれり。

何が良いって、温めたオナホ=マ〇コなんですよ。
しかもただのマン〇じゃない、完全に名器。
そしてしっとりと暖められたローション、いやあえて言わせて頂ければ愛液です。

熱すぎない37度という適温の愛液と膣。
あうあう言いながら必死に腰を振るあべ。

以前から葛藤はありました。
デリヘルポータルサイトのエンジニアとして、オナホに精を放つという行為は店舗や嬢への裏切りではないのか・・?
たとえ飢えたとしても、子供(いません)の学費を削ってでも、あえてデリヘルを呼ぶべきではないのか・・?

オナニーする度に苛まれていた、裏切りへの恐怖心と罪悪感。
あべの心は崩壊寸前でした。

それがなんとしたことか!
ウォーマーのおかげで、オナホは〇ンコに進化したのです!!

もうこれはオナニーではありません。
挿入しているのはオナホではなく半分膣と同義な訳でして、ようするにセックスです。

心が解放された気分。
なんて清々しいんでしょうか。

オナホウォーマーはただの暖かい棒にあらず。
あべにとっては精神的安寧を手に入れたに等しい。

今度はもっと熱々になるのも買ってみようと思います。
あべでした。

追伸
「〇ンコ」って書くと、「マ」じゃなくて先に「チ」が浮かびます。不思議。

チンチンを人肌の温もりで包むための冒険

ゴールデンカムイが面白い。
あべです。

jtrcu49t43npmrw1450010925_1450010932
引用http://lovelygoods.info/entry49.html

昨晩、指を火傷してしまいました。
未だにヒリヒリしていまして、タイピング速度が3割減。

仕事が捗らなくて困っていますが、実はこれ名誉の負傷ってやつでして。
新しいチャレンジの末の仕方のないケガなので、多少の不便も仕方のないところです。

古くはコロンブスにマルコポーロ、単独での北極点到達を成し遂げた植村直己。
あべでも知っているような偉大な冒険家達のチャレンジも、想像を絶する苦難を乗り越えた末の名誉のはず。

歴史に残る偉人達と比較してしまうと、さすがにちょっと恥ずかしいですね(n*´ω`*n)

それでもやはり人間「一歩を踏み出す勇気」って凄く大事だと思うんです。
小さなチャレンジの積み重ねが、いずれ大きな成果を残す。
どんなに傷ついても、いかなる理不尽に晒されても、あべは歩みを止めません。

さて、指の火傷なんですが、オナホです。
「ホットオナホ」にしようとレンジでチンしまして、どんなもんかと指を突っ込んだら、
中のローションが完全に沸騰してまして見事に焼け爛れました。
クソ痛いです。

というのも昨日久しぶりにオナホを使ったところ、もう半端じゃなく冷たい。
最近の寒波のせいで、窓際に隠していたオナホもキンキンになっていました。

ビンビンのチンチンがキンキンでふにゃふにゃ。
あまりの冷たさで萎んでしまいまして。

そこで以前のHOTTENGAを思い出し、これは一つレンジを試してみようとした次第。

結局突っ込んだ人差し指が水膨れになってしまい、オナニーどころではありません。
チンチンの代わりに指が膨らむとはこれいかに。

しかしながらこれで諦めたらあかん。
オナニーは諦めても、人肌の温もりでチンチンを包むことだけは諦めきれません。

という訳で、昨晩は水膨れの指でスマホを弄り、なんとかオナホウォーマーの購入に成功しました。
既に会社に届いてますので、今晩もう一度チャレンジしたいと思います。

オナホウォーマーの使い心地は次回ご報告させて頂きます。
あべの冒険は終わりません。

あべでした。

レースクィーンが死語になる日

また雪ぃ!
あべです。

1_XPB_812567_1200px
引用元

F1、グリッドガール廃止 「現代の社会規範にそぐわず」

> 【AFP=時事】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の興行主である米リバティメディア(Liberty Media)は31日、
> F1のレース前に広報などを行う「グリッドガール」の廃止を決めたと発表した。
> F1は、露出度の高い女性がレース前にスタート地点付近を歩き回る習慣は「明らかに現代の社会規範にそぐわない」と説明している。

アホなんじゃないかと。

あべだって男女差別はいけないと思います。
もっと女性の社会的地位が向上すれば、世のM男はもっと胸を張って「チンチン踏んで下さい!」と言えるはず。

そうですよ。
現状の「M男はみっともない」みたいな風潮こそ、暗に「男のくせに」「女のくせに」という差別の発露である言えます。
ドSな女将校みたいな女性が増えて行けば、男はもっとMでいられる。

うーむ。
男女平等の延長に、逆に「マゾ男子の生きやすい世の中」があるという大いなる矛盾。
深いですね。

さて、盛大に脱線しました。
F1のレースクィーンが廃止になるそうな。

ひとつ言いたいのは、現状誰が困っているのかと。
レースクィーンのお姉さんだって、仕事なくなるのは困ると思います。

なによりF1でレースクィーンやるというのは、キャンギャル業界的には最高峰の仕事な訳で、
お給料やキャリア的な面も含め素晴らしいことだと思いますし。
妹がF1のレースクィーンすることになったら、お兄ちゃん知り合い全員に自慢しちゃいますよ。
妹いませんけど。

見ている人も幸せ、やってる人も(多分)幸せ、ついでにやってる人の家族も(あべなら)幸せ。
一体何の問題があるのかと!

どうせ文句言ってるのは、レースクィーンなんて逆立ちしても出来ないBBAばっかですよ。
許せん!

なんだか夢がありませんね。。
F1はもっとキラキラした世界であるべきです。

そして何よりここ数年でM度が急上昇しているあべ。
昔に比べてキャンギャル的な、こうセクシーな女性が大好きです。
予約電話でのコスプレ指定だって昔はセーラー服や体操着だったのが、最近はボディコンだって選ぶようになってますし。

このままだと10年も経てば、キャンギャル衣装だって風俗でしか見られなくなってしまいます。
古代遺産と化したブルマの不幸な歴史を繰り返してはなりません!

さあキャンギャル好きの皆さん、今こそ立ち上がる時です!
声高に「レースクィーン」の復活を叫びましょう!!

もし恥ずかしくて無理なら、せめてレースクィーンコスが白い目で見られる前に風俗を行きましょう。
今のうちです!!

あべでした。

クリスマス懐古

東日本の皆さん、雪は大丈夫でしたでしょうか。
あべです。

cri
引用

だいぶ時期遅れの気もしますが、、皆さんクリスマスは如何お過ごしでしたか?
渋谷のラブホ街は空室だらけ、クリぼっちでアダルトグッズが好調…若者のクリスマスの過ごし方に異変が

> しかしクリスマス直前の22日、渋谷の街で若者カップルに話を聞くと「(どこかに行ったりは)特にしない。いつもと変わらないのでは」と答えた。
> 実際、24日夜に渋谷のホテル街を訪ねてみると、人通りも少なく閑散としていた。
> あるラブホテルでは、イブにもかかわらず3分の2が空室。
> 従業員の女性は「暇だよ本当に。今日は特にひどい。クリスマスだからって伸びないよ、今は。何だか今は関係ないみたい」と話した。

最近はクリスマスの過ごし方が変わったそうな。
渋谷のラブホも空き室が目立ったみたいです。

記事には人気デリヘル嬢さんへのインタビューもありまして。

> 普段は1日に5人以上接客するというデリヘル嬢のコモモさんの予約はわずか2人。
> 店舗スタッフの上杉さんは「昔は根強いリピーターさんを持っている女の子は、クリスマスに出るともう完売状態で取り合いみたいなイメージはありましたけど、お客さんの方もそんな感じにはなっていない」と話す。
> 仕事の後の予定は「もう彼氏と…(笑)。そこは別ですね…」とコモモさん。

最後の一文が極めて不快ですが、クリスマスの性産業不況もここまでとは。

ぼっち代表であるあべは24日は一人でまったりと過ごし、25日は一人で五反田の行きつけのM性感に行きました。
そして「部屋空いているかな・・?」とブルっていましたが、実際に行くと1軒目のホテルであっさり部屋をゲット。

嬢にも聞いたところ、「クリスマスだからって、特に予約が多い訳じゃない」とのこと。

なるほど。
ガチかもしれない。
これはまずいですよ。

おそらく来年もぼっちなクリスマスを過ごすであろう私あべ。
イブは一人で我慢して、結局翌日寂しくて風俗に行くのが最近のトレンドな訳で。

「どうせお客さん来ないし出勤やめようかな」なんてことになったら、あべはどうすれば良いんですか。
良く行くラブホも、流行りの観光客向けホテルへ改装なんてされたら、あべは一体どこでクリスマスを過ごせば良いのか。

「来年すぐにどうなる」という訳ではないかもしれませんが、このまま手をこまねいてはアカン!

とりあえず個人では今まで以上に、M性感とラブホを利用する頻度を増やすとして。
業界全体でも考えていかなければならない問題ですよ。

なんかフワッとしてる上に意味不明な〆になりましたが、
とりあえず皆さんも沢山デリヘル使って、業界の維持に努めれば良いと思う。そう思う。

あべでした。

授乳好きじゃなくて、ただの露出狂の可能性も

頑張れ杉田!
あべです。

42a0f_196_54df0d2f_adc13915

これまでも授乳手コキへの強い関心を示してきたあべ。
やっぱり男はいくつになっても母性、というかオッパイへの執着を忘れられないんですよね。

そんな授乳についての記事。
http://news.livedoor.com/article/detail/10153036/

> ミシシッピ州のとある「ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)」でこのほど、ある親子が店舗から無理やり追い出される事件が起きた。
> リンダ・バレティさんという76歳の母親が客席でいきなり胸を出し、42歳の息子マイケルさんになんと“授乳”を行ったのだ。
> この一件は人々の大きな関心を集め、「女性に対する人権侵害だ」、「公共の場であり得ない行為」、「変態親子」などと物議を醸している。
~中略~
> これは大変な差別だとして、ついにKFCを相手取って訴訟を起こしたリンダさん。
> ある法律家は「1976年から公共の場での授乳が正式に認められており、その行為を邪魔した者には大変な罰金が科されます。

半端じゃないですね。
あべの性癖など地平線のかなたにぶっ飛ぶ、圧倒的かつ衝撃的な変態です。

更に母親からの訴訟のオマケつき。
アメリカ人ってすげえ。

謎の賛否両論(?)がある、、のか分かりませんが、とりあえずコレが人権侵害であって良いはずがない。
お空の上からガンジーも泣いていますよ。
もしかしたら怒ってぶん殴られるかもしれません。

あべは思うんです。
どんな性癖を持っていても、それははもう仕方ない。

育ってきた環境や過去のトラウマ、そしてたまたま出会った彼氏彼女によって、個々人の性癖は変わっていくものです。
ガチの食糞主義者がいても、その人自身に罪はないんですよ。

ただそれは「節度を持って発散すれば」の話です。
他人を不快にしたらいけませんよ。

ウンコが食べたいなら、家でコッソリ食べなければなりません。
パンツ被らないと興奮しないなら、盗むんではなく、嫁に貰うかamazonで買えば宜しい。

あべだってどんなに足コキが好きだからって、路上で勃起チンチンに黒ストッキングは巻きません。
そう、世間様に許される変態でいるためには「常識」が必要なんです。

マイケルさん(42)に言いたい。
なぜ家で吸わなかったのか?
ケンタッキーで76歳のママのおっぱい吸ったら、そりゃこうなってしまいますよ。。

この事件だって、家で授乳していることが知り合いにバレて、それをTwitterで拡散された・・
とかであれば、あべはマイケル擁護に回ったことでしょう。

「授乳手コキをバカにするな!好きなだけ吸えよマイケル!!訴訟だっ!!!」ってなもんです。
いや手コキはしてないか。

全世界が注目するこの裁判。
判決がニュースになるかは分かりませんが、あべもJAPANESE HENTAIの一人して注視していきたいと思います。

そして世の授乳手コキ好きの皆さん。
ケンタッキーでプレイすると騒ぎになることが分かったはず。

もう大人なんですから、授乳手コキは授乳手コキしてくれるお店ですると良いかと。

あべでした。

年始のご挨拶

kinngashinnnenn

いつもお世話になっております。デリヘルキング運営事務局でございます。

明けましておめでとうございます。
昨年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。
貴店のますますのご発展を祈念しますとともに、本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

2018年1月4日 デリヘルキング運営事務局一同

年末年始営業のお知らせ

いつもお世話になっております。
デリヘルキング運営事務局でございます。

本年はデリヘルキングをご利用いただき、誠に有難うございました。
2017年も残りわずかとなりましたが、引き続きデリヘルキングをご愛顧くださいますよう
事務局スタッフ一同、心よりお願い申し上げます。

★年末年始の営業について
年末年始期間中の 2017年12月29日(金)~2018年1月3日(水)は、
運営事務局・コールセンターは年末年始のお休みとなります。
メールでのお問い合わせにはご対応させて頂きますので、ご連絡は下記アドレス宛にお願い致します。

デリヘルキング運営事務局:info@king-fuzoku.com

大宮風俗ビル火災②

どこかの球団様、村田さん取ってください。
あべです。

sn2017121701_50

今日はamazonで購入した亀頭責め用ローターのレビューでも書こうと思っていましたが、
先日の大宮ソープランド火災について、非常に興味深い考察をされている記事があったので予定変更してご紹介をば。

ソープランド火災、再発防止に向けて業界と地域にできることはなにか?

> 今回は関東有数のソープ街(通称:北銀)に店舗を構えるソープランドでの火事であったことに加え、
> 犠牲者が多数出てしまった為社会の関心が高まっていますが、いつもこの記事でお伝えてしている通り、
> 風俗的な何かが絡むことで注目が瞬間的に高まる現象(所謂、ピンクの火薬現象)がこの事件に対しても発生しています。
> その結果、事件から学べる点が見えにくくなってしまうことが懸念されるため要点をまとめていきたいと思います。

こちらの記事ですが、あべが言いたかったことが全て網羅されています。
前回は「ソープで被災したら嫁にバレる」とか訳分からないこと言いましたが、本当はこういう事が言いたかったんです。

記事内では「ピンクの火薬現象」と称してしますが、ようするに「風俗店で事故が起きた」ということがフューチャーされすぎて、
一番大事な根本的な原因究明がおざなりになってはいけない。

> データを参考にすると今回同様、性風俗店内の火事が発生し死亡事故に至ったのは9年ぶり。
> 平成20年から継続している施設型性風俗店は約8100件(警察白書 参照)ありますが、
> その全てが約10年火事による死亡事故を性風俗業界は起こしてこなかったといえます。
> もちろん小火(ぼや)の件数は不明ではありますが、性風俗店内の火事で死者が出る事件はかなり珍しいことだったのです。
中略
> 性風俗の運営者の方々にヒアリングをしている立場である私の仮説ではありますが、性風俗産業の中でも特にグレーな領域にあるソープランドは運営に関しては細心の注意を払っています。
> 整理整頓、情報共有が徹底された運営が店舗内で行われています。
> これは彼らの仕事における僅かな落ち度が即営業停止の理由になりうる状況があるためです。
> 「店内ルールのほうが国の法律よりも厳しい」という言葉も現場スタッフから聞こえてくるほどです。
> こうした店内でのルール徹底が放火やタバコの消し忘れ等の火事の発生原因の予防になっていたのではないかと推測できます。
> 10年間の実績が裏付けているのではないでしょうか?

なるほど。
店舗型風俗では過去10年「死者が出た火災」は無かったそうな。

減少傾向が顕著な店舗型は、運営維持のためにキッチリ仕事してまっせ!ということです。
その辺の居酒屋なんかよりよほどルールに厳格に運営している訳です。

実際ソープ経験がある方なら分かると思いますが、お客さんへの対応など尋常ないほど丁寧です。
吉原では店員が土下座で客を迎えるお店も多いですし。逆に気まずい。

> 今回の火事を踏まえて業界間の連携を更に深めると同時に、施設を置いている地域の方や地元NPOなどとのコミュニケーションを積極的に図り、
> 法律の一員より先にまず、街の一員としての立場を確立し、地域の安全及び防災環境の向上に寄与することで、悲しい事件の再発防止ができます。
> 業界としては地域への働きかけを、地域の方々は性風俗店だからというだけの理由で排除しない姿勢を互いに持つことが今回の火事の犠牲を無駄にしない唯一の方法なのではないでしょうか?

最後も素晴らしい締めです。

そもそも「ソープは建物を修繕できない」というアホみたいな法律のせいな気もしますが、お上はそう簡単に色々変えてくれません。
風俗店に有利な法改正をして、見当違いのバッシングを受けるぐらいなら潰してしまえ!というバカばかり。

それなら「自浄作用の活性化と地域との繋がりにより、自分たちで守っていこう!」というお話。
これが言いたかったんだった。忘れてた。
目からウロコとはこのことです。

この事件で今後ソープ業界がどういう風に変わっていくか分かりません。
それでも一人のソープ好き、風俗好きとして声をあげ、、、ることは世間体があるので出来ないかもしれませんが、
お店・嬢・客・そして地域にとってより良い方向に向かっていくことを祈って。

あべでした。

Home

ブログ検索

Return to page top